読者の声(2015年3月分)

できることを実践しています

中2の長男が本年2月から登校できなくなりました。
大変に参考になりました。できることを実践しています。
妻にも読んでもらい、協力して息子が明るくたくましくなるようにしていきます
長野県 Kさん

勇気と希望と愛を思い出させていただきました

年明けの三学期からいきなり朝起きると気持ち悪い、腹痛、などで二時間目、三時間目から遅れて登校していたり、
そのまま休んだり朝から休んだりが続き、最近は、遅れて行くのもできなくなり、朝から休むようになりました。
たまに朝から登校できますが、翌日からは休む、そのまま行けなくて土日を迎える、というパターンになった中2の息子が居ます。
家に居るときは明るく、優しい子です。家が大好きな子です。
追いつめたらいけない、これもありだ、と思いながら私は焦りがありました。
なんとか登校しないだろうか。明日は行けるかな、と思う毎日、そして朝がくると『気持ち悪い。休みたい。』という、息子の言葉に
まただめか、という、残念な気持ちを振り払いながらの勤務。
私は家では、明るく振る舞いながらも くたくたで、外で自転車をこぐ中学生を見ては切なくなり、1人になると勝手に涙があふれました。
『不登校から脱け出すたったひとつの方法』を読んで、まったく、その通りだ!と思いました。
同時に、同居している母(77歳、何かと干渉し、口うるさいタイプです。☆)をうるさがり、ウザく思い、じゃまにしたりする私の悪い癖に気付かされました。
私は、息子のすべてを認め、攻めず、高校中退の自分が、ちゃんと生きているので、
高校行かなくても大丈夫だ、という考えで、息子にも、そう話していましたが、
息子は、私の母に対する悪口や愚痴を聞かされていたんだ、と愕然としました。
深く反省しております。
もう、怖い物も不安も恐れもありません。
勇気と希望と愛を思い出させていただきました。心から感謝いたします。
群馬県 Sさん

分かりやすく実行しやすいので、私にはバイブルのようです

とにかく元気になってほしい。
普通の生活がしたいです。
ひどく落ち込んだ時は何度も読み返しています。
分かりやすく実行しやすいので、私にはバイブルのようです。
神奈川県 Yさん

親のすることの99%は子供のためにならない

親のすることの99%は子供のためにならない、ということを実感しています。
そして。親が幸せになることが、子供が幸せになるために必要なことだということも。
親の背を見て子供は育つというのは、そういうことなのだな、と思いました。
石川県 Tさん

一番心にグサリと突き刺さった

最初から最後まで衝撃的な内容でした。
今までの自分はほぼ全ての行動が菜花さんと逆のことをしていました。
一番心にグサリと突き刺さったのは、先ずは親自身が幸せになる ということ。
正直、今の自分は毎日が不安です。何が?と言われるとはっきりとは…。
もう一度、いえ、頭に刻まれるまでこの本を読み返して、一歩ずつ幸せになっていこうと決めました。
たまたま立ち寄った本屋でたまたま目についたこの本…。
巡り会えたことに感謝します。
埼玉県 Tさん

未来日記をつけてみようと思いました

今年の始め頃、講演会のおしらせを見てこの本の事を知りました。
読んでいくと、頭ではわかっていても自分とは違う話だ、となかなか受け入れられませんでした。
最後のページにある未来日記もなかなか行動にうつせず、ただ眺めるだけでした。
それから、数ヶ月、また本を読み始め、未来日記をつけてみようと思いました。
つけることが楽しく感じています。
まだ1週間ですが続けてみたいと思います。
また本を読み返してみます。
愛知県 Yさん

無駄なことは1つもない

いつも笑顔でいる事をこの本を通して教えてもらいました。
なぜ?どうして?と繰り返し考えていて穴に入ってしまったような思いでいっぱいでした。
先生の言葉で無駄なことは1つもない。
そのように思います。ありがとうございました。
神奈川県 Hさん

元気な娘が戻ってきて友達とも話せるようになった

昨年秋から中2の娘が不登校になり、藁にもすがる思いで先生の本、拝見させて頂きました。
教えを実践して2ヶ月弱、家の中ではもとの元気な娘が戻ってきて友達とも話せるようになったのですが登校する勇気は出ないらしく、
本人も「前日は行こうと思うけど当日の朝になると嫌な気持ちになる」と言っております。
あと一歩の自信を親としてつけるにはどうしたら良いのか、で悩んでおります。
群馬県 Sさん

この本に出会えて本当に良かったです

息子が不登校になりどうしようもない気持ちでいました。
何か解決するヒント?は無いのかと思っていた所、この本と出逢いました。
この本を読むまでは学校に行く事を毎日強制して無理に行かせたりして問題が
起こったりしていましたが、今は冷静になり自分自身も息子も元気になれる様に努力をしています。
息子が学校に行くまで、もう少し時間が掛かるかも知れませんが息子が元気になるまで愛情をもって見守って行きたいと思っています。
この本に出会えて本当に良かったです。
ありがとうございます。
埼玉県 Nさん

思い知らされました

親としての役割を改めて思い知らされました。
茨城県 Aさん

愛情が伝わっていなかったのだと気付きました

初めまして。
不登校になってしまった子どもとどう接していいかわからず色々な本を読みました。
自分に何が出来るのか、そればかり考えています。
もっと子どもに、大好きな事を言葉で伝えていかなくてはいけないと思いました。
愛情が伝わっていなかったのだと気付きました。
何度も本を読み、私に今出来ることをしていきたいと思います。
よろしくお願いします。
東京都 Uさん

なんとかしなくちゃとの想いで手に取った

初めまして、Kと申します。
高校1年の次男が、不登校になってしまい、どうしたらいいのか途方にくれています。
なんとかしなくちゃとの想いで手に取ったのが、喜殿のこの本でした。
この本にある母親がやってはいけないことの、全てをやってしまっていたことに気付き、次男が、信号を送っていたことに気付いてあげれなかった自分自身を責めていました。
反抗期なんだと思い込んで、無理やり学校に行かせようとしていたこと、我慢強い性格だったから、ホントに行けなくなったという事は、どんなにか苦しんだのだろうと、涙が出ました。
楽しいはずの高校生活を取り戻してほしいと願うばかりです。
本に書かれている事を実行するのは、とても大変です。
でも、私自身が考え方を変えていかなければと思います。
宮城県 Kさん

気づくきっかけになりました

文面がわかりやすく、心に届くご本でした。
思いもよらない視点に気づくきっかけになりました。
ありがとうございました!
神奈川県 Mさん

癒やされ立ち向かう力を頂きました

娘の不登校の参考になればと、購入しましたが読み進めていくうちに母親の自分自身が癒やされ、立ち向かう力を頂きました。
私は今まで自分の価値というものがよくわからず生きて来たような気がします。
この本にもあるように、まずは自分自身を幸せにしてあげようと思います。
長野県 Kさん

まずは自分から変えていきたい

私がこの苦しさから抜け出したい一心でこの本を見つけ読みました。
今日までの色々な葛藤の日々を思い出し、またこれからの課題を探りながら最後まで読んだ気がします。
自分を好きでない訳ではありませんが余裕がなく心にゆとりを持てていないのは確かです。
まずは自分から変えていきたいと思います。
広島県 Nさん



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です