読者の声(2015年10月分)

私から気持ちを変えていきたい

非常に胸にひびきました。
まずは私から気持ちを変えていきたいと思います。
東京都 Kさん

少しずつ実践していきたい

自分が元気で幸せでいることが子どものためになるなんて思ってもいませんでした。
現在不登校の中1の息子がいます。
先が見えない状況ですが、この本に書かれていたことを少しずつ実践していきたいと思います。
埼玉県 Nさん

とても感動して読ませていただきました

中学1年の娘が不登校になって3週間がたちました。
その前2週間は無理やり行かせていました。
長年勤めた仕事も辞めることにし、最初はかなり落ち込んでいた私ですが、最近やっと専業主婦が楽しくなってきて、今まで忙しくて我慢していたことをやり始め、楽しめるようになってきました。
今まで子供のためにと思ってずっと我慢してきたことです。
もちろん子供も大切ですが、自分の心もリハビリしないと、と思っていたところこの本に出会い、とても感動して読ませていただきました。
東京都 Nさん

今までの考え方が変わりました

怒る事よりも誉めたり、一緒にこどもといる事がいかに大事か、わかりました。
今までの考え方が変わりました。ありがとうございます。
茨城県 Tさん

癒されました

親の不安な気持ち寄り添う内容で、癒されました。
東京都 Kさん

子どもの力を信じたいという気持ちが沸き上がってきました

ありがとうございます。
私が私の人生を生きる事が、子どもを救う事なんだ・・・と気付きました。
自分の事より、子ども達を優先してしまう私。
そこが課題です。
本を読んで、子どもの力を信じたいという気持ちが沸き上がってきました。
本当にありがとうございました
石川県 Sさん

もっと早くに読んでおけば良かった

とても暖かい気持ちになりました。
もう一度やり直そうと思います。
もっと早くに読んでおけば良かったと思います。
香川県 Mさん

自分自身のことを大切にするのが先決

先月から子供が不登校になり、どのように接したら良いのかわからず色々情報を探していたところこちらの書籍を知り読みました。
まずは自分自身のことを大切にするのが先決なのがわかりました。
少しずつ自分の時間を持とうと思います。
東京都 Mさん

少しずつ子供も明るくなってきました

まず最初のお言葉から涙を流しました。
この本に出会えて本当に良かったと思っています。
子供に対しての接し方を実際に実践したり、少しずつ子供も明るくなってきました。
私の心の励みになるので何回も何回も読み直そうと思っています。ありがとうございます。
北海道 Tさん

私が求めていた答えがここにありました

私は現在、小学校の養護教諭をしており、不登校のお子さんたちとたくさん関わらせていただき、また、親の会の活動にも関わらせていただいております。
自分の子供たちも不登校を経験し、辛く苦しい思いを体験いたしました。
いろいろな本を読んだり、相談に行ったりしましたが、解決に至らず、親子共に自分を責め続けてしまう状況で本当に大変でした。
菜花さんの本は、優しく語りかけ、救いの手を差し伸べてくれる本です。心が温かくなりました。私が求めていた答えがここにありました。
人は痛みを避けて、快楽を求めるということです。母の愛が大切だということです。
もっと早く出会っていたら、、、と思いますが、今だからこそスッと納得できたのかもしれません。
「世界中の親子を笑顔にする」という菜花さんのお考えと同じ気持ちです。
私にも何かできるのではないかと思い、勉強しているところです。
この機会に不登校支援をしていきたいと思っています。
ご縁に感謝致します。
宮城県 Hさん

気持ちが軽くなってきました

まず、自分を幸せにする。
子供のことを心配してあげるのが最善かと思っちゃってました。
気持ちが軽くなってきました。
東京都 Kさん

読みながら涙がこぼれました

もっと早くに読んでいれば…と思いました。
娘にしてきた事は全て傷つける事ばかりでした。
本当に読みながら涙がこぼれました。
たった今から…私は自分の為、娘、家族の為に変わろうと思います。
本当にありがとうございました。
神奈川県 Sさん



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です